三鷹駅徒歩3分の内科・篠原医院のホームページへようこそ。高血圧・糖尿病・脂質異常症の管理なら篠原医院へ。

用語解説

「STU」の用語解説

S T

S

  • SLX(=シリアルLex-I抗原)

    腫瘍マーカー。肺がん、膵臓がん、卵巣がんなどの腫瘍があると増える事があります。

  • (血清)アミラーゼ(=AMY、S-AMY)

    膵臓や唾液腺などの病気で数値が上がることがあります(重症では逆に下がることもあります)。他に卵巣・腎臓・肝臓などの病気でも上がることがあります。

T

  • 総ビリルビン(=T-Bill、TB)

    血液の病気などで赤血球が異常にたくさんこわされると数値が上がることがあります。また、胆のう・胆管・肝臓の病気などでも上がることがあります。ビリルビンは黄色…

  • 総蛋白(=TP)

    下がっている時は、腎臓の障害による蛋白尿や、肝臓の障害、低栄養、出血などの場合があります。上がっている時は、血液の病気や脱水症などの場合があります。

  • 総コレステロール(=TC、T-Cho、TCH)

    コレステロールは胆汁の成分になったり、いろいろなホルモンの原料となるなど、重要な役割を果たしていますが、動脈硬化の原因となる場合があります。

キーワードで検索する

あいうえお/ABC順で検索する

トップへ