三鷹駅徒歩3分の内科・篠原医院のホームページへようこそ。高血圧・糖尿病・脂質異常症などの管理。

三鷹市/内科/篠原医院
三鷹/内科/篠原医院/診療案内
三鷹/内科/篠原医院/お知らせ
三鷹/内科/篠原医院/院長あいさつ
三鷹/内科/篠原医院/院内紹介
三鷹/内科/篠原医院/リハビリテーション
三鷹/内科/篠原医院/診療所日記
三鷹/内科/篠原医院/病気のやさしい解説
三鷹/内科/篠原医院/用語解説
三鷹/内科/篠原医院/アクセス
三鷹/内科/篠原医院/ホームに戻る
診療所日記
 医学の話題だけでなく日常の話題を中心に掲載していきたいと思います。当院スタッフ全員で書き込んでいきたいと思います。
2007年12月11日
嫁VS姑  第一弾

こんにちは。最近独り言が得意になったぼぼちょです。

これからお話する事は私の友人の話なのですが、とても興味深かったので皆さんにも聞いていただきたく公開します。

友人は最近入籍をして、挙式を控えている女の子です。
そんな友人の最近の悩みは、これから先、お姑さんと仲良くやっていけるかだそうです。

お姑さんは、それはそれは息子のことを溺愛しているそうで、交際当初から、彼女の事を煙たい存在としてみていたそうです。
例えば、すでに一緒に暮らしていることを知りながら、自慢の手料理を息子一人の一回の食事量に分けてラップで包み、冷凍の小包で頻繁に送ってきたり、「彼女との交際は認めるけれど、子供だけは絶対に作ってはいけない」と、いい大人の息子にしつこく電話をしてきたり、三日に一回はラブメールを欠かさず送っていたそうです。

 そんな彼女と彼の入籍が決まると、お姑さんの態度はコロッと変わり、一気に祝福モードになり、その時彼女はこれから襲ってくる数々の試練を予想もせず、仲の良い親子になれることを心より信じていたそうです。

しかし実際は・・・
お姑さんの息子に対する想いはより一層強くなり、彼女は愛する息子が絵に描いたような幸せな家族をつくりあげていくための付属品として受け入れられたのです。

挙式が迫ったある日、彼女は彼の実家を訪れました。するとお姑さんはそれは嬉しそうにあるものを出してきました。挙式で使ってね!と手作りのメッセージカードでした。オールハンドメード120枚!!!!彼女は驚いて言葉が出なかったそうです。彼は「頼んでも無いのに余計な事をして・・・」と言ったそうです。するとお姑さんの顔はみるみる曇り、じゃあもういい・・・と。   慌てた彼女はオーバーリアクションでそのカードを褒め、喜んでいただきます!!というと、一旦曇った表情は晴れ、そのカードの使い方とデザインを永遠説明されたそうです。
完全に疲れきった彼女に更に強烈なジョブは続きました・・・
夜も更けたころ、お姑さんは彼女をこっそり二階の一室に呼び出したそうです。そこには目を疑う光景が・・・
なんと部屋中に広がるのはまだ出来てもいない未来の孫への贈り物でした・・・
新生児の産着におくるみ、お布団、洋服、靴におもちゃに・・・
彼女はあまりの出来事に意識が遠のいて、その場でなんとコメントしたかあまり覚えていないそうですが、私はこの話を聞いて震え上がりました。

皆さんはどう思いますか??私だったら耐えられません(-_-;)一体何を考えているのか深読みすればするほど怖くなります。
まるで答えてちょうだいの再現VTRのようなことが身近な友人のもとで起こっているなんて・・・

彼女の戦いは始まったばかりです。私はこれからも彼女の嫁姑問題に注目して追いかけていこうと心に誓ったのでした。      つづく★


コメント (0) | トラックバック (0)

嫁VS姑  第一弾のトラックバックURL

コメント

嫁VS姑  第一弾に関してのご意見はこちらから!





保存しますか?


三鷹市/内科/篠原医院/著作権
東京都/三鷹市/内科/篠原医院